効果・効能含まれる成分副作用服用の注意点花粉症

ローヤルゼリーには副作用がある?

副作用という言葉は、基本的には薬品などを摂取した場合に使われる言葉です。
健康食品という分類に入るローヤルゼリーには、副作用が無いというのが厳密な答えではありますが、アレルギー反応が起きやすいという注意点があります。

ローヤルゼリーは、ミツバチが作り出す天然の成分であるために、その中に花粉であったり植物の蜜であったり、様々な成分が含まれます。
ミツバチは、そういったものを色々な箇所から集めてくるわけですから、どんな植物のどんな成分がローヤルゼリーに含まれるかわかりません。
その点から、アレルギー反応が起こりやすいというわけなのです。

特に、喘息やアトピー性皮膚炎などを持っているような方は、他の方に比べてローヤルゼリーによるアレルギー反応が起こりやすいと言われています。
また、花粉症や鼻炎、食物アレルギーを持つようなアレルギー体質の方や、家族にそういった体質の方がいるという場合も、気を付けて摂取した方が良いかもしれません。
主な症状としては、じんましんや湿疹、結膜炎、呼吸困難、下痢など、基本的なアレルギー症状が多いようです。

ただ、どんな食品でもアレルギーというものは存在するわけですから、そこまで摂取することを怖がったりする必要はありません。
安心して摂取する方法としては、かかりつけの医師に相談をしたり、少量から摂取を始めたりするなどの対策をとると安心して使えるのではないかと思います。

また、普段から薬を服用しているという人は、念のため薬剤師や医師に薬との飲み合わせなどを相談しておくと安心です。
特にローヤルゼリーには、血液凝固剤の作用を高める効果があると言われているため、場合によっては出血が止まりにくくなったりするということもあります。

ただ、基本的にはローヤルゼリーは健康食品ですので、摂取することをそれほど怖がる必要もありません。
上手にローヤルゼリーとお付き合いをし、更なる健康増進や、悩める症状の改善ができるよう、自分に合った摂取方法を相談できるといいですね。
気になるローヤルゼリーの年齢制限についても参考にご覧ください。