効果・効能含まれる成分副作用服用の注意点花粉症

ローヤルゼリーはまずい?

ローヤルゼリーは、蜂が作り出すものです。
なので、その味わいもハチミツに近いものがあるのではないか…そう思っている方、大きな間違いです。

では、どんな味わいなのかというと、「不味い」という表現が一番しっくりとくるのではないかと思います。
何の味に似ているかというと、何の味にも似つかない味わいで、たとえようがないというのが本音です。

更に匂いもなかなかクセのある匂いをしているため、何も知らずに匂いを嗅いだら、腐っているのではないかと思ってしまうこともあるといいます。
口に入れた瞬間に、舌にピリピリとした刺激を感じるのですが、これこそがローヤルゼリーの品質が良いという証拠。
この刺激が強ければ強いほど、高品質なローヤルゼリーだというわけです。

良薬は口に苦しといいますが、まさにというわけです。

そんなローヤルゼリーですが、最も効果のある摂取方法は、生ローヤルゼリーを舌の上でゆっくり溶かすようにして食べるという方法なのだとか。
ローヤルゼリーの中でも生ローヤルゼリーは、最も食べにくいと言われていて、生ローヤルゼリーを途中で断念したという人は沢山います。
そんな生ローヤルゼリーをゆっくりと味わうようにして食べられるようになるには、ずいぶんと時間がかかるでしょう。
そんな生ローヤルゼリーの効果的な飲み方はこちらにかいてあります。

慣れるまでは、味付きのヨーグルトやジュースなどと一緒に食べるという方法をとることが多いようです。
そして、徐々に生ローヤルゼリーを単体で摂取できるようになるというのが理想です。

しかし、どうしても無理だという人は、乾燥ローヤルゼリーや調整ローヤルゼリーなどを選択するという方法もあります。
乾燥ローヤルゼリーは、生ローヤルゼリーを乾燥させたものなので、純度はそのままになっているため、効果や効能は期待することができます。
生ローヤルゼリーに比べると、摂取しやすいようで、こちらなら続けることができるという人も多いようです。

調整ローヤルゼリーは、乾燥ローヤルゼリーを摂取しやすくするために、乳糖やハチミツなどで甘味をプラスしたり、添加剤などが入っていて、カプセル状や錠剤になっていることが多いです。
カプセルや錠剤であるため、苦みや刺激を感じることが無く、とても摂取しやすいのが特徴なのですが、ローヤルゼリーを人工的に加工しているために純度は低く、生ローヤルゼリーに比べると高い効果は期待できません。

生ローヤルゼリーを購入する前に、一度調整ローヤルゼリーや乾燥ローヤルゼリーなどで試してみてから、生ローヤルゼリーに移行すると安心かもしれませんね。