効果・効能含まれる成分副作用服用の注意点花粉症

生ローヤルゼリーの特徴

ローヤルゼリーには大きく分けて3つに分類することができます。
「生ローヤルゼリー」、「乾燥ローヤルゼリー」、「調整ローヤルゼリー」の3種類です。
これらは同じローヤルゼリーでも、味やローヤルゼリーそのものの状態に違いがあるのです。
ローヤルゼリーを摂取するメリットはこちらにかいてあります。

この中でも、最もローヤルゼリーそのものの効果が高いとされているのは「生ローヤルゼリー」です。
これは、採取してから3日以内のローヤルゼリーのことで、とても新鮮な状態なのです。

全く加工がされていないので、摂取したときに、酸味や苦み、舌にピリピリとした刺激があるのが特徴です。
そのために、この独特な味わいに慣れることができずに摂取することを断念してしまったという人や、慣れるまで長い時間がかかってしまったという人が多くいます。

しかし、この独特な苦みやピリピリとした刺激が強いほど、高品質なローヤルゼリーであるという証なのです。
鮮度が最も大切なのですが、劣化しやすいという欠点もあるため、早く消費することが重要です。

一度慣れてしまえば大丈夫なのですが、慣れるまでが大変なのが「生ローヤルゼリー」です。
この独特な味わいを緩和するために、ヨーグルトなどに加えて摂取しているという人も多いようです。

それでもどうしても食べられないと思うのであれば、カプセルタイプで飲みやすい「乾燥ローヤルゼリー」や、摂取しやすいように乳糖などで加工されている「調整ローヤルゼリー」に変えるという方法を選択すると良いと思います。
「乾燥ローヤルゼリー」は、生のローヤルゼリーをそのまま乾燥させたものなので、新鮮さは劣りますが、純度は100%です。

生よりはずっと摂取しやすいので、こちらを愛用しているという人は多くいるようです。
「調整ローヤルゼリー」は、乾燥ローヤルゼリーをより食べやすくするために乳糖やハチミツを加えたもので、カプセルや錠剤タイプに加工されているものが多いです。

生に比べてずっと摂取しやすいのですが、加工されているために純度が低いという点が欠点でもあります。
どれを選択するにしても、続けなくては意味が無いので、自分に合った続けやすいタイプのものを選ぶようにしましょう。