効果・効能含まれる成分副作用服用の注意点花粉症

使っては良くない人とは

健康食品であるローヤルゼリーは、基本的には誰でも安心して使えるものなのですが、中には使うことが良くないと思われる人や、使うことに気を付けなくてはならない人もいます。

まず、ローヤルゼリーはアレルギー反応が起こりやすい健康食品ですので、アレルギーに過敏な方は気を付けて使わなくてはなりません。
ローヤルゼリーは、ミツバチが様々な場所から花粉や蜜などを集めてきて作り出しているので、アレルギー反応が起こりやすいのです。
食物アレルギーや、強い花粉症、また喘息やアトピー性皮膚炎などの方は、医師に相談の上で使用を開始し、少量ずつ始めることをオススメします。

妊婦さんや授乳中の方も、赤ちゃんに何らかの影響が出てしまってはいけないので、使用を控えるようにとされています。
子どもへの使用に関しては、まず1歳未満の乳幼児にはハチミツを与えてはいけないことになっているのでローヤルゼリーは使用できません。

これは、ハチミツの中にボツリヌス菌が混入している可能性があり、これを1歳未満の子が摂取してしまうとボツリヌス中毒を起こしてしまうことがあるのです。
そのため、ハチミツと同様であるローヤルゼリーは使えないのです。
また、6歳ごろまではどうしてもアレルギー反応が起こりやすい年齢であるため、できればそれ以降に使用した方が安心だと思われます。

逆にお年寄りへの使用はどうかというと、こちらもアレルギーの心配が無いのであれば、どんどん摂取したほうが良いと言われています。
血行を良くしてくれたり、失われたホルモンを補ってくれたりと、健康に良いことばかりです。
栄養素もとても豊富なので、6歳以降のお子さんや、お年寄りの方には、身体に合うのであればどんどん摂取してもらえるといいと思います。

ただ、身体が過敏なときは、普段は大丈夫な人でもアレルギー反応が起こりやすくなることがあります。
病気のときこそ使いたいローヤルゼリーですが、身体が弱って過敏であるときには、いつもより少し慎重に使った方がいいかもしれませんね。
こちらにはローヤルゼリーの効果と歴史についてかいてあります。