効果・効能含まれる成分副作用服用の注意点花粉症

ローヤルゼリーはうつ病に効く?

ローヤルゼリーは多くの体調不良に効果があると言われていますが、うつ病などの精神的な病にも効果があるということをご存じでしょうか。
うつ病というのは、脳の働きに異常がきたすことで発症します。

神経伝達作用が上手く働かないために、精神的に安定しなくなったりして、心が不安定な状態になってしまうのです。
セロトニン、トリプトファンという神経伝達物質の材料となるものが、脳内で分泌する量が減ってしまうために、こうした状態になってしまいます。
それを抗うつ剤などを使って補ったりするのが、治療のひとつである投薬療法です。

このセロトニン、トリプトファンを作るために必要な栄養成分がビタミンB12と葉酸なのですが、ローヤルゼリーには、これらの成分が豊富に含まれています。
特にビタミンB12は、脳の神経の働きを良くするという大切な役割があるため、特にうつ病に効果がある栄養素だと言われています。

他にも、間脳の機能を高めることが、うつ病を改善するひとつの方法と言われているのですが、ローヤルゼリーには、この間脳の機能を高めることができる唯一の栄養素が含まれているのです。
これらのことから、ローヤルゼリーはうつ病に高い効果が得られるということがわかります。

しかしながら、ローヤルゼリーは薬では無く健康食品であるため、薬のような即効性はありません。
継続して使用することによって効果が見えてくるものなので、その辺りを考慮して使用を続けることが必要です。

うつ病では無いと思うけれど、普段から気持ちが安定しないという方や、時々うつ病になることがあるという方が、予防策として使用するのも良いかもしれませんね。
ただ、絶対的にうつ病に効くと保障されているものではありませんし、場合によっては身体に合わないこともあるので、自分の身体と相談しながら使用することも大切です。
そして、実際にうつ病で通院している場合には、かかりつけ医にローヤルゼリーの使用を相談してみたり、薬を飲んでいるのであれば飲み合わせについて確認しておくと安心ですね。